はかりのレスキュー隊 株式会社 ワーク衡業 WORKSCALE CO.,LTD メニュー お問い合わせ
0120-809-994
営業時間
8:30~17:30
お問い合わせ

研修旅行 2013 -シンガポール編-

toplogo_2013

 

 2013shingaporemap001 

 

 ワーク衡業2013年度の海外研修はコチラ
シンガポール共和国 (Republic of Singapore)

1160年にこの地を訪れたインドの王子が

"シンガポール"の名付け親です。
サンスクリット語のSinga 「ライオン」と

Pura「都」が由来しているそう。
国土は東京23区と同程度で、
シンガポール

には県や市はありません。 

イギリスの植民地時代から東西貿易の

要国として発展し、 現在シンガポールは

貿易貨物取扱量 世界1位を誇ります。

 

  

 
拡大すると、シンガポールは海と水道に囲まれ
マレーシアと陸続きではないことがわかります。

日本との時差は1時間。ほぼ赤道直下に位置し
年間を通して温度の変化がほとんどありません。

そんな常夏の魅力あふれる国シンガポールへ、
ワーク衡業のスタッフと共に出発しましょう!


 

2013shingaporemap002

 


 

0001a 

 

 0011a

 

2010年に新国際線旅客

ターミナルがオープンした

東京国際空港。

今回は、この通称羽田空港

からの出発です。
←話題の「江戸小路」 

 


 

お決まりの 「出発前 K・Y」


一行は朝06:35のフライトのため
朝食前の相当早い時間から(笑)

002

 

 今回利用したシンガポール航空は、サービス満点で とても快適だったので、搭乗時間7時間半もあっという間

010

012 008
さてお楽しみの機内食。 これはシーフード こちらはポークに煮物がついています こちらはマフィン。なんだかセレブ
 

 

016a

 

 

現地時間12:20 到着。

シンガポール チャンギ国際空港から

送迎バスでホテルへ。


シンガポールの象徴とも言える

「マリーナ・ベイ・サンズ」が目に飛び込んできます。

 

 

街中でよく見かける車の多くは韓国車。

日本車ではトヨタ、ホンダ、三菱がぼちぼち走っています。

この日は日産はほとんど見当たりませんでした。

 0151

 

018a1

 

これが 「ERP」 日本でいうところのETCです。

頭上に設置されているんですね!


シンガポールは、この通行料金徴収システムを

日本より早く導入しています。

022b

 

021b 024b

「クオリティ ホテル」 今回の宿泊先です。
繁華街 "オーチャード通り" から少し離れた立地ですが、とっても快適なホテルで一行はゴキゲン。 さらにテンションが上がります! (テンション上がりっぱなし)

 

032a

 

 034a1

あ!貸切… (状態) 笑。    セレブ感たっぷりですね

 

035b

やっほ~!と飛び込み

 037b

よっこらしょ と這い上がる

 038b

とおぉぉ~~!とまた飛び込む

 039b

 ・・・すごく楽しそう(笑)




 

プールで はしゃいだ後、おっと失礼
「優雅に泳いだ」後、部屋で一息。
シンガポールで一番人気の
タイガー ビールを堪能します。
そしてこれから、初日の夜のイベント
「ナイトサファリ」 へ出発!

 tiger_beer  

 040b


 

 


 

 

サファリへ向かう途中で、いくつかのバスを見かけました。 次回は是非乗ってみたい。

046b

「ヒッポ・バス」1dayパスを購入すると32ケ所ある
バス停を 1日自由に乗り降り出来るタウンバス。

 

 044b

観光客に大人気の 「水陸両用バス」。
ベトナム戦争で軍用に実際使用されていました。

 

街を走っていると、あちらこちらの木々に
こんな可愛いハートがかけられています。

235a

 

 054a

 

062a

サファリ入口では、早速ミミズクがお出迎え

 

 063a1

 

カニもお出迎え♪

065a1

でもこれ、鑑賞用ではありません。

064a2

これから名物の 「チリ・クラブ」 をいただいちゃいます。

(カニさん ごめんね)

 

サファリ内のレストランでカンパ~イ!

067b

象を意味する
Chang(チャーン)

 069a 

タイのビールです。

天井の照明。 とっても雰囲気があります。

 068b

 

 こちらが、あの名物 「チリクラブ」

066a1 

先ほどのカニさんが美味しそうに変身

 

 077a

ツアーでご一緒した方々と同じテーブルを囲みます。
 

 

072a

イカの炒め。こちらもベースはチリ味

 

 073a

さっと油通しした青菜とエビのサラダ

 074a1

東南アジア定番の料理 エビの唐揚

 076a

最後は彩どり豊かな南国フルーツ

 

入園してすぐに ド迫力の ファイヤー・パフォーマンス!

写真から「ぼおぉぉぉ~~~」と、炎の音が今にも聞こえてきそう。

 

080 P103092601 

 081

 

100c 

次は人気のアニマルショー。客席は満員!

 106c 

 

 108c

 きちんとゴミを仕分けして ポイッ!

 


 

 

logo-ns[1]2さぁ! これからいよいよトラムに乗って、本日のメイン 「NIGHT SAFARI」
夜のアニマル・ウォッチング に出かけましょう!

くれぐれも自分たちが動物のエサにならないように気を付けて下さい。

 

 

 

112b 

日本人専用トラムは、日本語ガイトが流れます

※フラッシュ撮影禁止のため、せっかくのアニマル写真も真っ暗です。

↓ 白いソーセージのような物体

 114b

「ばく」 なんです・・・ けど

↓ 珍獣の気配。でもまったく見えません

 116b

(この珍獣は 見えなくて正解)

※ 肉眼にはかないません。 写真はあきらめましょう。

 

 122

トラム周遊が終わってアイスを購入

 118

マレー語でドリは「刺を持つもの」の意。

売店にドリアンが普通に並ぶのも
シンガポールらしいですね。
店頭に並んでいたものは
あまり熟れていないようです。

(研修旅行も回を重ねるとスタッフの目も肥えてきます)笑

 

 ナイト・サファリを後にして、一行はホテルへ。 帰りのバスから華やかなシンガポールの夜景を楽しみます。

124a1

 125a 

 126b

 

130

今日はこれで何度目の食事でしょう(笑) 胃袋も元気です

夜食を求めて 「ホーカーズ」 に来ました。
ホーカーズとは、日本でいう ”屋台” が集まった場所のこと。
自由貿易都市シンガポールは、多彩な食文化で メニューもバラエティ豊か。
また、外食が当たり前のシンガポール人にとって、このホーカーズは庶民の台所として愛用されています。

 

128a飲食店は、その衛生状態により
ABCのランクが付けられています。
日本でいうところの厚生労働省の判定かな。
「A」は最上位の衛生管理の表示。 優秀です。


それぞれ好きなものをオーダーしました。

134b

 

 144b

足りずに手羽先の唐揚げも追加

 146b1

ホテルに戻る途中 コンビニで購入

※ ビールは350ml缶 S$5.00(約400円!) なんとお高い。
<豆知識> シンガポールにはビールの自動販売機がありません

 


 

 

~ 2日目の朝 ~


朝もやに包まれて、なんとも美しい風景です。


今日は天気が良くなりそう o(^-^)o


さぁ 元気に出かけましょう!

 

 198a

 

199a1

イギリス統治時代の古い建物が残る街、
タンジョン・バガールを散策します。

 

 202a

リペイントされて今ではカラフルな街並みに

 

 

200a

紹介が遅れました。

この青い服の男性が、本日のガイド ジェームズさん。

日本語が堪能で、炸裂するダジャレに圧倒されます。


弊社のダジャレ部長もタジタジ(笑)

 

ペラナカン博物館へやってきました。
古くからのマレー文化に、中国、イギリス
等々の海外文化が融合して生まれた
「ペラナカン文化」
シンガポールのベースにあります。

 203b

 204b

 

206a

かつてマレー半島には中国やインドからの移民が移り住み、
また、ヨーロッパの統治が長く続く時代があった事で、
この地の習慣 (建築からお料理、服装、インテリア、そして
冠婚葬祭に至るまで)が多岐にわたって大きく影響を受け、
新しい文化が確立されていきました。
この地で新たに生まれた子供たちや、独自に発達を遂げた
この文化を「ペラナカン」と名づけたそうです。

 

ペラナカンといえば、鮮やかなパステルカラーが特徴。女主人の
力が強かったペラナカンの家族構成と、財力に富んだ経済とが
相成って、女性好みの生活文化が発達した と言われています。

211_mm

(ペラナカンの女性たちが、楽しそうに食器を運ぶ姿が目に浮かびます)

 

 209a

食器は外側・内側の両面に模様が施されているのが特徴。
縁起が良いとされた 「牡丹」や「鳳凰」が描かれた物が多いそう

 

 

211_bbb2

211_cc2

 211_d4

 210_a4

 kebaya_01

ペラナカン装飾と言えば、精巧な刺繍 (ししゅう) と 豪華なビーズ。
「着る宝石」とも呼ばれていたほどです。 今でも工芸品として大人気!

ペラナカン伝統の 「ケバヤ」は、 絞れたウエストと華やかな刺繍が特徴です。
シンガポール航空CAの制服(一番右)は、このケバヤからきています。  

 


 

211a1

 

台所は、今で言うところの「ダイニング・キッチン」ですね。
当時の優雅な食事のひと時が伺い知れます。

 

↓キッチンでハカリを発見しました (^-^*)

 212aa

(左上の つっかけのような履物がとてもユニークです。)

 

博物館を出てからお土産を買いに免税店へ。

そこで 神々しく輝く、金ピカの像を発見!



これは金運がかなり上がりそうです(笑)

 213a

 

214aa

 

お土産やさんで 笑顔の素敵なお姉さんと、満面の笑みで1枚。
今かぶっている帽子、なんと扇子なんです。
お土産に思わず買っちゃいました。

 215Aa4

携帯時にはこんな形

 215Bb3

バサっと開くと扇子なんだけど

 215Cc

実は帽子になっちゃう

 


 

お土産屋を後にして、一行は街を散策します。
こちらは戦争記念公園。
ビルの間に見える白い塔は高さが68mもある記念碑です。
記念碑と言っても、正式名称は
「日本占領時死難人民記念碑」。 戦死者の追悼碑です。
第二次世界大戦で日本軍に占領されたシンガポール。
日本軍による犠牲者追悼して 建立されました。
私たちは戦争の歴史を無駄にしないよう平和を願います。

 216

 


 

220a1 

シンガポール建国の父「ラッフルズ卿」

 

英国人トーマス・スタンフォード・ラッフルズが、1891年1月に
初めてこの地に上陸。"シンガポール"という国を創設しました。
ラッフルズ卿は、ここが世界貿易には欠かせない 流通の
最重要拠点として早くから着目。植民地建設に尽力しました。

 

 221a4

今やシンガポールは世界トップの自由貿易港に

 219a2

 

やってきました 『マーライオン・パーク』。上半身がライオン、下半身が魚の姿をしたシンガポールの象徴です。

 224a

(世界三大ガッカリ名所 と呼ばないで)

 227a

うしろには小マーライオンがいたのですね。

 

ここに来たら、やっぱりお決まりのコレ やっておきましょう(笑)

225a1 

 

 

 226a1

 

 

 229a1

マリーナ・ベイ・サンズも持ち上げちゃいますか。

 

 

233a

大空を渡る船。 見事です。

 

 

 230a2

クルーズでマリーナ湾周遊を楽しんだあと、
いよいよマリーナベイサンズに向かいます。

 

 

マリーナ・ベイ・サンズのフードコートでランチを取ります。 それぞれ好きなものをオーダーしましょう!

240a

シンガポール名物のチキンライス。
ガイドジェームズのオススメです。

 

 

 242a

たまには洋食でシーフード。海に
囲まれた国ですから食べてみないと

 

 241a

ピリ辛の麺の上にフライドチキン
中華とタイ料理のコンビネーション

 

245a

鴨料理を頼んだのに豚料理が。
コミュニケーション不足を痛感!

 243a

トムヤンクン風スープヌードル
人気うどん店の一品です。

 

 


 

いよいよ マリーナ ・ ベイ ・ サンズ の最上階にあがります。

249a

 

 249b

マリーナ ・ ベイ ・ サンズ の内側。
1階から見上げると こんな天井に。

 

 

 248a1

展望デッキ「スカイパーク」入場チケット
S$20.00 (約 1,680円)
マリーナ ・ ベイ ・ サンズ 宿泊者は無料です。

 

ついにキターー !

ここが マリーナ ・ ベイ ・ サンズ 屋上の 展望デッキ 「スカイパーク」 です。

bay1

 

 

 

 

 


 251b

空と海とが一体に

 

 250a

 天空に浮かぶ船は、緩やかにカーブしてました。

 

 

260a

 


 

 

展望デッキにあるラウンジ
ここに来たらやっぱりコレを
いただきましょう (^-^)ノ

 

「シンガポールスリング」

 

1915年にシンガポールのラッフルズ
ホテルで考案されたカクテルです。

 

 

 

 

 262a

世界一美しい と言われる シンガポールの夕焼けを表現、
東洋の神秘 と称えられたそう。本場のお味はどうですか?

 


カクテルに酔いしれた一行は、インド人街 <リトルインディア> にくり出します。

274a

 

 270a1

シンガポールの地下鉄 (MRT) のパス 

 

リトルインディア駅で下車し散策。

思っていた以上に美しい街並みです。

(*^-^)ノ

 

かつては酪農が盛んだった村。
石灰が発見され、採取されるようになって
からは「石灰の村」 と呼ばれていたそう。
今はその面影もありません。

 

 

 278b

 

 286a1

街中にのあちこちに案内地が立ってます

 

280a

 

偶然 『 ガンジー記念館 』 を発見しました。

せっかくだから入ってみよう!と盛り上がった矢先

夕刻の為すでに閉館。


(・・・急に上がったテンション。 急に下がる の巻)

 

気を取り直し リトルインディアにある レストラン「ムトゥース・カリー」にやってきました。

ここで お目当ての "フィッシュヘッド カレー"を頂きます。

300a

インド街でも、黄金に輝くコレを頂きます(笑)

 

 

 302a

出てきた これこれ。 フィッシュヘッドカレー

 

 

302b1

わお。 歯がこんなに鋭い !!

 

 306a

バナナの葉をお皿にして

 

 

314a

ナイス チャレンジ!

 

郷に入らば 郷に従い・・・ という訳で
ためしにカレーを指で食してみます!

ところがやはり難しい!
無駄に手を汚すだけで
なかなかうまく食べられません。

そして熱い(笑)

ご馳走様でした!

4人でMサイズを完食です。 

これでお値段 SD25 (約2,100円)



ただし!ビールが1杯 SD12 (約1,000円)

黄金の魅力には勝てません(笑)

 316a


146b 

缶ビールを買ってホテルに戻ります。

今日もたくさん歩きましたね。お疲れ様でした!

 

今日は「ステラ・アルトワ」 ベルギーのビール。

さすがシンガポール、輸入酒の種類が豊富です。

 


 

 

~ 3日目の朝 ~


朝食は昨日と同じ、ホテルのバイキング。

さて、いよいよ最終日です。

今日はこれから マレーシアへ足を運び

「ジョホールバル」 を観光します。

 

 

 400b

 

401a


移動はバスで小1時間。

シンガポールとマレーシアを結ぶ道路はいつも大渋滞です。

でも、バス専用路があるのでスイスイ抜けて行きました。


入国審査は車内で通関を行います。

マレー系・中華系・インド系 の多民族文化が
色濃く残るノスタルジックな街 ジョホールバル。

まずは、マレー人の多くが信仰している イスラム教寺院
「アブ ・ バカール ・ モスク」 を訪れます。

 408a

観光者の誰でもが 門をくぐり敷地の中には入れますが、
イスラム教徒以外は寺院本殿の中に入ることが出来ません。

 


410a1

ここはマレーシアの中で最も美しいモスクだそう

 

 414a1

寺院本殿前で記念撮影

 

イスラム教は、4人まで妻を持てる一夫多妻制。

世界中でイスラム教を信仰する人の数は推定11億人、

キリスト教に次いで世界で2番目に多くの信者をもつ

宗教と言われています。

 

 
・・・おや?



とても興味深い光景を発見!

 

 412b1 !?

416a

モスクの敷地内で、高校生らしき学生たちが
課外授業を行けていました。
よく見ると男女が分かれて座っています。


完全なイスラム社会では、交通機関にも
男女別席が設けられている程。
「男女は共存せず」という思想が古くからあり、
男女はそれぞれ独立した社会活動をすべく教育が施されます。

 


 

 

お次はヒンドゥー教寺院へ

ヒンドゥー教徒数は世界で想定9億人。 イスラム教に次いで世界第3位の信者数です。

寺院の中に入ると… 想像を遥かに超えた きらびやかさ! 一行は ビックリ仰天 (@@;)

420a1

インド人の約80%がヒンドゥー教信者

 

 424a

幸運にもこの日は、結婚式を見ることができました。

 

 

 428a

ヒンドゥー教の思想は 「輪廻転生」 「因果応報」 「霊魂不滅」

 


429a

インド料理店に立ち寄ります。

お店の表でパンを焼いていました。


これから一行は、国民的飲み物

「Teh Tarik」 (テ ・ タレ) と呼ばれるミルクティと

インドのパン「Paratha」 (パラタ) 作りを体験してみます。

 お店の方がお手本を見せてくれます。

通訳の女性がジェスチャーを交え

日本語でナビゲート。



まずは 「テ ・ タレ」から

紅茶と練乳を別々のカップに入れて

これを高低差で注ぎ合わせ泡立てます。

 430a2

( 通訳の女性、あき竹城さんではありません。 )


432a1 

わが社のミスターが、堂々と一番手に体験

 434a

身長が高い分、チョット難しそうですが

 436a

見事、上手にできました!インド人マスターも拍手~


お次はインドのパン 「パタラ」です。

 442b

「ナン」以外のパンがインドにもあるのですね。インドの
パンは、全粒粉で作られるのが特徴。栄養満点です。

 

 

 

パタラは打ち粉の代わりに「油」を使用。
これはトウモロコシ油だそうですよ。

 443a1

( あ、直にテーブルの上でコネるんですか)

 444a4

遠心力で上手に生地を伸ばします。

 

 

448a2

たたんで できあがり


 ワーク衡業のホープが挑戦します!

452a1

(こんな真剣な顔、今まで見たことないぞ)

 

 

 

454a

手首を上手に使って、パンを素速く返せました。
写真からも その速さが伝わってきますね。

 

 456b

竹城さん大喜び!
(再)通訳の女性、あき竹城さんではありません。


460b

 

先ほど実践した紅茶とパン。

カレーを添えてお楽しみの試食会です。

テーブルに飾られたバラが また愛らしい。

 

お次は 「マレー民族村」 へ。

 

 

ここではマレーシアの生活文化に触れます。

まずはバティック染め作業場を見学。
布面にロウで模様を描くことにより
ロウが置かれた部分が着色されず
描写線と塗り部分とを染め分ける技法です。
目の前で見る職人さんの ぼかし技術 が素晴らしい!

< 伝統的なバティック染め >

 458a

459a

布はシルクや綿 が主に使われます。最後にロウを洗い流して完成。

 

 

↓ お土産に買ってもらったハンカチ

 457a

 ロウの部分が白く抜かれ、なんとも美しい!

 

 

これがマレーシアのカレンダー

とってもユニークです。



見れば見るほど興味津々。

 466a

 

468b

 

先ほどのバティック染めで作られた敷物。

カラフルでとっても可愛い!


真ん中にあるのは、ビー玉のおもちゃ。

どうやって遊ぶのかな。

 続いて マレー舞踊を見学。

 

マレー舞踏は、王宮での舞いを始め、宗教的な舞いから収穫の舞いまで 

アジア・ポルトガル・アラビアなど実に多くの国から影響を受けました。
マレーシアは伝統舞踊の宝庫と言っても過言ではありません。

 

472c← 写真をclick !

(3分半のマレーダンスがご覧いただけます)

 

 

 

474b

 

 

476c

錫(すず)製品の実演を見学。
昔より錫を大量に産出するマレーシアでは
ピューターで作った食器や花器などの工芸品が
国を代表する特産品に。

 

※ ピューターは、約95%のすずが主成分の合金。
低融点合金なので250℃で液体に。 よって加工しやすく強度があり、
さらに腐食にも強いため日用品などに広く用いられています。


マレー民族村近くの工場跡地で 何やら発見

478b

チョtットお邪魔します。

 479a1

 480a

 

すでに廃墟と化した敷地に使われなくなったトラックスケールが。 その奥はピット跡でしょうか。
「はかりのレスキュー隊」である我々ワーク衡業スタッフ。 コレを見て寂しくなりました。 ションボリ


482a

 

気を取り直して、

ランチは市内の最高級5ツ星ホテルで

マレー料理をいただきます!

 

menuC

これが代表的なマレー料理。 ビュッフェでいただきます。
ココナッツソースをかけた焼き鳥が とても美味しかったです。

 

 

 484b2

 

 

マレー料理を堪能した後は、ここシンガポールの
メインストリート 「オーチャード通り」 でツアーは解散。
帰国のフライト時間まで 自由に街ブラを楽しみます。



怪力のおじさんのパフォーマンス。
これは何を売っているのかな。

 490a

 

 なにやら行列が出来ています。どれどれ

494a

・・・ 何屋さんかな?

 

 492b2

一風変わったアイス屋さんでした。

498a1

おじちゃんが大きなアイスの塊を切ってくれて

 

 504a

 

もなかでサンド。 ハイどうぞ。

 

 

506a

アイスを食べ終わた矢先に、ジュース屋さんを発見!

 

 508a

 美味しそうだから、つい買っちゃった!

(冷たいものばっかりで、みなさんお腹ダイジョーブ ?)

 

帰国の時間も迫ってきました。 そろそろホテルへ戻りましょうか。

520a

ピザを買ってビールと。さらに食べ歩きを満喫。

 

512b

繁華街の オーチャード通り を見納めます。

ホテルに戻ってきました。
ここで空港バスのピックアップを待ちましょう。


時間ギリギリまで 喉の渇きを潤します。
・・・お腹は大丈夫でしょうか(笑)

 

 514a

 

524a

いよいよバスに乗り込みます。 さようならシンガポール。

 

 526a

美しい夕日がお見送りしてくれました。

 

532a

 シンガポールの空港に到着

 

この広さ。 この美しさ!
それもそのはず、このチャンギ国際空港は
2011~12年連続して 『世界ベスト エアポート』
第2位に選ばれる実績!

海だけでなく、空の港も世界に誇るシンガポール。
さすがです。

 フライトを待つ間、ちょっと横に。

たくさん歩いて、たくさん食べましたから・・・

 534b

 

帰国フライトのお楽しみ。 最後の機内食を楽しみます。

<こちらは お夜食>

536b

前菜にエビのカクテル、デザートにアイスまでついてます。 

 

 

<こちらは 朝食>

 538b

マフィンが美味しそう!オシャレですねぇ。

 

早朝5:30 羽田空港 到着です。

おかえりなさ~い (^O^)ノ



素敵な笑顔で 無事帰国。 みなさん お疲れ様でした!

 542a1



 

marlion1

 
「アジアであってアジアでない」


それが今回の研修旅行で感じた、シンガポールの一番の印象です。

良い意味で裏切られた感動がありました。

アジアンパワーがみなぎり、しかしそれはアジア特有の

勢いにまかせた活気でもなく、すでに定着し 洗練されたパワー

とでも言いましょうか。 ほんの100年前まで熱帯雨樹林に覆われた

へんぴな村だったとは想像がつかないほどです。

ローカルな部分と都会的な部分が美しく調和し、

旅行者が安心して観光できる そんな空気に包まれていました。

異国の文化に触れ、私たちは改めて日本を振り返る

よい機会となりました。 この経験を仕事にも活かしていきます。

 

Flag_of_Singapo1

2013年05月20日