はかりのレスキュー隊 株式会社 ワーク衡業 WORKSCALE CO.,LTD メニュー お問い合わせ
0120-809-994
営業時間
8:30~17:30
お問い合わせ

研修旅行 2012 -ホーチミン編-

 
kaigai2012_logo
 
kaigai2012_logo02

 
2012年 ワーク衡業の海外研修は、ベトナム・ホーチミンへ!

ベトナムは南北に細長く伸びる国で、
北部(ハノイ) ・ 中部(ダナン) ・ 南部(ホーチミン)
の三地方に大きく分けられます。
 
map
 
ベトナムは現在、共産党一党独裁で社会主義国家の国ですが、
その歴史を一言で言うと
『支配と支配から逃れるための歴史』。
戦争に翻弄(ほんろう)された国といっても過言ではありません。

紀元前から約1000年間中国に支配されていた時代あり、
中世ではランス統治下(植民地)の時代あり、
近代では、大戦中の日本の進駐や、戦後フランスの再侵略 …等々。

ベトナム戦争では、米軍にも激しく攻められました。
1975年4月にベトナム戦争が終了するものの、
その後また中国に侵略されます。
ベトナムの成り立ちを紹介するだけで胸が痛みますね・・・
ようやく現在の長閑(のどか)な姿に落ち着いたのは、
1991年中国と国交正常化が宣言されてから。



ベトナム国民の性格は
「日本人に比べておおらか。 そして忍耐強くケチん坊。
でも、弱い立場の人には一際優しい」 と言われています。
長期的な人生計画をあまり立てないタイプが多い と言われるのも、
戦争で一瞬にしてすべてを奪われてきた辛い歴史が
そんな国民性を作り上げたのかも知れませんね。


ベトナムに興味が深々と湧いてきたところで
さぁそれでは ワーク衡業の海外研修「ベトナム・ホーチミン編」行ってみましょう!
 
 


只今、空港内警備中!
ベトナム空港?
いえいえまだ成田空港です。
空港場内警備に大活躍のセグウェイ。

 

 00001
 

0010

 

しかも→
本日 2度目の K・Y

(まだ成田空港です…。) 

成田空港にて 出発前 K・Y
今回もしっかりK・Yを忘れません。

 

※念のため
K・Yとは、 「危険予知」 を意味し、現場作業を行う前に
プロとして必ず行う安全確認のことを指します。

 

 

 0020

 


 

 今回は「ベトナム航空」を利用します。 ベトナム航空は全員初めて! ワクワクしますね。

(CAさんは美人かな。 …じゃなくて! 機内食美味しいかな~)

 

ということで機内食のチョイスはこちらです。

 

ウエスタン・スタイル

 ジャパニーズ・スタイル

 0030a

 

海外旅行が今回初めての新人E君。 機内食美味しく食べられたかな?

 


 

出発した当日の深夜遅くに、ホーチミン市に無事到着。 初日は移動で終了です。お疲れ様でした。

滞在中は、ホテル「エクストリアル」に宿泊。
予想以上に綺麗なお部屋に、一同
長時間の移動の疲れが一気に吹き飛びます。

 

 

 00501  0060

 

 

0080

 

~ホテルの朝食~

 

← ベトナム名物「フォー」
早速いただきます。

 

 

唐辛子の入れすぎに注意!

 0070

 0090

 

ベトナム滞在中に何度かフォーを食べることになりますが、ホテルの このフォーが一番美味しかったようです。




 

01001

 

朝食後は、ホーチミン市郊外の 「ミトー」 へ出発。
総勢20名弱のバスツアーです。
ホーチミンから南西へ約70㎞。

移動の車窓から、ベトナムの景色
を楽しみます。


 

これぞベトナムの醍醐味!通勤バイクの数に圧倒されますね

0110

 

 0120

 

0130

 

← この車はなんでしょう。

これはベトナムの霊柩車だそうです。
とても華やかですね。

ホーチミン市の「善良タクシー」→
どこの国にも悪玉タクシーがいるのですね。
ベトナムのタクシーは、ボディーに書かれた
電話番号で判断できるそうですよ。

 

38 38 38 38
27 27 27 27
11 11 11 11

 

この番号なら乗っても安心なタクシーです。

 0140

 

 一行はミトーに到着。メコン川クルーズを楽しみます。 

0150

 

 

 01601

 

0170

クルーズガイドのMr.SAOさん。
不思議な日本語で一生懸命案内して下さい
ました。知識豊富なベテランガイドさんです。

 

 k0001

キマってます!

 

 

 

0190

ゆったりとしたメコン川の風景です。

 0180

しばし日本を離れ 2人は何を思うやら

 

コン川ジャングルクルーズに出発する前に
一行はチョイと養蜂園に立寄ります。

 02001

巣から直接ハチミツを失敬し、試食させてくれました。

 

ここでベトナムのお茶 「蓮茶」を試飲します。

0210a

 新鮮なライムを絞り、

 

 0220a

 はちみつを入れ、

 

 0230a

蓮の実やマンゴー等のドライ
フルーツと一緒にいただきます。

 

0240

まずは香りを楽しみましょう。

さて、蓮茶のお味はいかがですか?

たくさん試食をさせていただきましたが
今回購入者はゼロ。
養蜂園のみなさん ごめんなさい(笑)

 

食い逃げした後に ・・・いえいえ、試食を堪能した後に
一行は "みやげもの市場" を ウロウロします。

0250a 

先ほどのカニさんが美味しそうに変身

 

 0260

↑ スゴイ@@;これはお酒でしょうか。
瓶の中で、コブラが毒サソリに噛みつき
サソリの毒針がコブラに刺さっています。

…怖すぎて飲めない(笑)

 

★ベトナム名物のココナッツキャンディ。 家内工場を見学させてもらいました。

1

0280 

ココナッツは割って中の
白い部分を使います。
殻の山が素朴で可愛い

 

2

 0290 

圧をかけてココナツの
エキスをしぼる工程。
機械はすべて手動です

 

3

 0270 

搾取されたココナツエキスと
麦芽等をコトコト煮詰め
焦げないように練る工程

 

4

 0300

 

よく練られた飴は、型に
流し込まず熱々のまま
手で伸ばします

 

5

03102

小さくカットした飴を手作業でオブラートに包装。
あまりの手際の良さについ見とれてしまいます。
(気のせいかな。ベトナムではここに限らず働く姿は女性ばかり)

 

 

おっと!

 

ひそかに活躍する
ハカリ君を発見。

 

03202

 

そうです ワーク衡業は
ハカリの会社です(笑)

 

どれどれ

03301

このハカリは合格かな?

ベトナムの研修視察
計量機のチェックも忘れません

(でも、おねえさん。 お土産の
アメは袋に多めに詰めてね)

 

0340

 

お土産市場の一角で、ベトナム民謡のサービス。
日本語で「夜来香」「幸せなら手を叩こう」 等
披露してくれくれました。

…しかし、
あとでチップを請求される… というオチ付きです(笑)

0360

 ベトナムは果物が実に豊富です。

<後列> 左から、 ランプータン ・ タオ ・ マンゴー
<前列> 左から、 カスタードアップル ・ マンゴスチン ・ サポジラ

 

 

 0350

まだ若いドリアンのようにも見えますが
これはベトナムのジャンクフルーツ。

町中のあちこちに ごく普通にぶら下がっています(食ナイデ)

 

03801

海外旅行初体験のE君、 日本から消毒液を持参!
さすが、食べる前の衛生管理もバッチリです (笑)

 

 0370a

E君 衝撃のドラゴンフルーツ

見た目はすごく美味しそうなのに
味と食感はズバリ 「だいこん」
フルーツなのに香りもなし(笑)

 

 現地の女の子。
お食事中でしたが、あまりに愛らしいので
ちょっと失礼させていただきました。
ピンクちゃん。 ピアスもカワイイです♪

 0390

 

いよいよこれから小舟に乗り換えて、ジャングル・クルーズに出発です。

0400

船頭さんへのチップは2万ドン(約80円)。
クルーズは細い水路を 奥へ奥へ

 

 0410

ベトナム傘(ノンラー)がよく似合ってます

 

 

ランチタイムにはツアーの名物料理を堪能します。

0420

 

← エレファント・フィッシュ

メコン川で養殖されているお魚です。
日本語では「象耳魚」とのこと。
(なるほど~)


本日の昼食は、ツアー名物料理でもある
このエレファント・フィッシュをいただきます!
これが調理後のエレファント・フィッシュ。

立てたまま卓上に運ばれます。 

 0422

 

0430

 

なんと、身をほぐす時も立てたまま。

日本もお魚をよく食べる国ですが、

この発想には驚きです。

 

04401 

エレファント・フィッシュは
ライスペーパーに包んで
野菜と一緒にいただきます。
(コレがまた とっても美味しい! 

 

05001

 

 beer333_20142

これがベトナムのビール
333(バーバーバー)
日本人の好きな味で飲みやすい!

 


 

これはなんでしょう。

「?」

0450a

 もちろん食べ物。
サッカーボールくらいの大きさです

 

 

えっ?ここで切るの?

 0460a

まるで爆発するんじゃないか!
ってな程の反応ぶり
(しかもハサミで切るなんて・・・)

 

 

 0470a

思いのほか かなりの空洞(笑)
底部にチョットお餅が

 

 

0480a

この丸いお料理は
「ライスボール」と言います。

最終的にはこんな姿にして
このまま食べます。
食感は薄いお餅のよう。

ビールと一緒に美味しく
いただきましょう♪ 

 0490

 

おなかがいっぱいになったところで、ぶらりと町を散策。

0520a

ハンモッグでお昼寝する市民

(ハンモッグは3枚1000円で売っていました)

 

0530a

大きなガジュマルの樹

 

 0540a

ベンタイン市場

売り子さんはほとんどが女性です。


 バスでホテルに戻る間、窓からバイクを観察します。

kaigai2012bike

 

07201

女性ライダーの平均的なスタイル

 

 0550a

雨ガッパはハンドルまですっぽり被せるタイプ

 0710a

なんとお子様用シートまで

 

0730

首の日焼け防止兼用かな

0770 

スーツ姿でもビシっと

 0740

マダムもマスクちゃん

 07501

ヘルメットもおしゃれです

 0760

過激派ではありません

 

0560

ホテルの部屋に戻ると、なんとサプライズが。

今日はKさんのお誕生日!

ホテルの粋な図らいが素敵です。

 

Happy Birthday !

food021

 

夕飯はこちらのベトナム料理のレストランへ。

0570

←前日ベトナムの到着が
深夜だったので2日目に
してベトナム初の夕飯。

 

ベトナム産
サイゴンビール→

 

奥に見えるタイガービールは
シンガポール産。 タイや
ベトナムでよく飲まれます。

 0580

 

05901

たまごスープ。ちょっと中華風

 06001

煎餅の上にトッピング

 06101

空芯菜の炒め

ここでもハッピーバースデイ!

0650a

同ツアーの皆さんがお祝いして下さいました。

 

06203

ベトナムチャーハン

 06302

鶏のから揚げ

 0640a

お芋(?)のスープ

 

ベトナム最後の夜です。 色々迷ったあげく、ここへやってきました。

 カラベルホテルに場所を変え、
ホテル内にあるナイト・パブ
「サイゴン」にやってきました。

たまにはちょっとお洒落にすごしましょうか。

 0660b

 

0670a  

 

 0680a 0690a

ラテンバンドの演奏で、なんとE君がステージの上に。
お洒落なムード… というより、なんだか面白そうなムードになってきました。

 

 

0700a

 


翌朝、宿泊ホテルのロビーにて。

今日は最終日。 チェックアウトをした後に
観光を楽しみます。
(昨晩のラテン騒ぎはどうなったのかな。
写真があれから一枚もないのが、 恐ろしさを物語っています)

ベトナムの観光名所、統一大会堂に来ました。 (ここは旧大統領官邸です)

07801

「統一大会堂」
現在、国賓を迎える時や会議に使われる時以外は、一般に公開
されています。 1962年から4年間かけて建設されました。

大小100の部屋と屋上にはヘリポートが。 建物上階に、大統領夫人の
娯楽室や宴会室、映画室、等があります。
特に国賓を迎える時の「迎賓室」は豪華な漆画がダイナミックに
飾られ、官邸の中で最も見応えがあります。

 

0790

会議室

 0800

閣議室

 0820

応接室

 0830

映画室

 0810

国賓の迎賓室

 


 


1975年4月30日
解放軍の戦車が官邸の鉄柵を突破し、無血入場を果たします。
兵士は屋上に駆け上がって開放戦旗を掲げ、そこで事実上
ベトナム戦争が終結。 ベトナム解放の英雄となりました。

 0860a

無血入場を果たした栄光の戦車

 

 0840a

大統領が脱出に使用したヘリ

 0840b

ベトナム解放に活躍した戦闘機

 

人民委員会庁舎前にて。 ホー・チ・ミン氏の銅像前で記念撮影です。

 0880a

 

後ろの銅像は、ベトナムで有名な
ホー・チ・ミンさん。
「ホーおじさん」の愛称で呼ばれています。

そうなんです。 首都「ホーチミン」は、この
ホーおじさんの人物名が由来となっていた
のですね !

 

 

 

ホー・チ・ミン氏(1890-1969)
ベトナムの革命家であり、植民地時代からベトナム戦争まで、
ベトナムの革命を指導した愛と勇気の人。
今でもベトナムの国民皆から深く慕われています。

サイゴン大教会 (聖母マリア教会)

0890a 

19世紀末に建てられた 赤レンガ造りの教会。

 

 0900a

日曜のミサには熱心なクリスチャンでいっぱいになります。

 

 

0910a 0920a

 

サイゴン大教会内部


ここでは必ず帽子を

脱がなければなりません。

 

 

中央郵便局

0930

一見駅のようで、とても郵便局には見えません。

 

サイゴン大会堂のすぐ隣の
ホーチミン市中央郵便局。

「観光名所に郵便局・・・!?」
と思っていましたが、
なるほどこの美しさ。

1891年フランス統治時代に
建てられ建築文化財。
"世界で最も美しい郵便局"
とも言われています。

 

 0940

正面にはホーおじさんの肖像画が飾られています

 

 

中央郵便局 デ 事件発生

 

某部長がベトナムの可愛い女性たちに
突然取り囲まれ、一緒に写真を撮って
欲しいとせがまれる事に!
ワーク衡業のスタッフはボー然!

 

<帰国後 >
「部長がそんなにホーおじさんに似ていたのか」
「いやいや、国際的女スリ軍団に違いない」
・・・・・などなど。
あれこれと憶測が飛び交いますが、いまだ
真実は藪の中。 うむむ~ 何が起こったのでしょう

 

(→ イケメンは、年齢・国籍を問わず

どこに行っても
"モテモテ"と言う事にしておきますか)

 

 0950

これこれ。 見てください。 女の子たちの、このスキンシップぶり!
部長を奪い合うように激しく記念写真を撮り合っていました(笑)

 


 

 最終日の昼食です。 

0970a

 

 

 

 

 0980a

 フォー と言ってもHGではありません。(古いけど
トッピングの香草は、葉だけをむしって茎は入れないそうです。
(食後にそれに気づく一行・・・)

 

0990a

ベトナム最後の観光は
クチトンネル遺跡を見学します。
ホーチミン市中心部から北西に
車で約90分の所にあるクチ区。
ベトナム戦争当時、解放戦線の
拠点が置かれていた場所です。

 

 

 

 

 1000a


ベトナム戦争では、アメリカ軍が度重なる空爆と 大量の枯葉剤を投下。
でも、このクチ区戦線拠点は、
総距離250㎞にも及ぶ 手掘りの地下トンネルが功を奏し
難攻不落の場所となりました。
クチ区が「鉄の三角地帯」と 呼ばれた所以がここにあります。

250㎞もある地下トンネル。
入口はこんなに狭くて小さい!

 

 1036

身体の大きなアメリカ兵が侵入できないよう
ベトナム人の体格を活かした造り。 戦術の結集です。

 


 

 

 実際にクチトンネルにもぐらせていただきましょう。 狭くてかなり怖い体験です。

 

長身183㎝のY氏がトップバッターでトンネル体験!

 

1010

フタをずらさないと入口が
どこにあるのかわかりません。

 

 1011

全開にしても
こんなに小さい・・・。

 

 1020a

うむむ~
片足だけで怖いぞ。

 

1030a

なんとか半分はいったけど

 

 

 1050

フタをするのが
更なる恐怖。

 

 1060

ヒー!
(怖いから早く出して)
閉所恐怖症ナンダヨ~

 

 

マッチョなE君も入ってみます。

1033

見るからにギューギュー
ホントに入れるのかな?

 1034

入れないとベトナム戦争で
生き残れませんからね。

 1035

なんとか入れたけど
・・・逆に死にそう!

 

 

 K氏もいってみましょうか。

flag001 

1031

サクっとすっぽり
入っちゃった(笑)

 1032a

もそ もそ もそ
もそ もそ もそ...

 1032

 

ばぁ !!

 


 

 

1140

 

 

これはトンネルの通気口。

蟻塚を利用して作られています。

 


1090a

さて、これはなんでしょう?

 

 1100a

足を踏み入れると クルっと回り

 

 1110a

グサっ !!

 

 

 というわけで、落とし穴の数々

STICKING TRAP

1170b

落ちて底に荷重がかかると、刃が
出てきて、脇腹や背中にグサリ

 

CLIPPING ARMPIT TRAP

 1180b

落ちた敵の脇を狙って刺さります

 

 

FOLDING CHAIR TRAP

 1190b

足を踏み入れるとガブリ

 

 

ROLLING TRAP

 1200b

獣狩りの罠のよう。
でも標的はアメリカ兵。

 

 

1210a

 

ジャングルには、 これらの罠仕掛けが

あちこちに敷き詰められていたそうです。

 

1190c

すべての刃先にはこんな返しが

 


1220a 1230a 1240a

さてこちらは爆弾小屋。

敵軍からたくさんの爆弾が

落とされました。

 

不発弾から火薬を抜き取り

地雷や手りゅう弾に流用

したそう 

 

   

ベトナム兵の台所跡。 現在も使用されていました。


 さて、程よくワイルドな気分になってきたところで、一行は実弾射撃を体験します。

1250a

 1270a

 1260a

 1280a

 

腹が減っては戦はできません。 戦場体験のシメは、兵士の主食 「キャッサバ」 を試食。

1290a

戦時中は食糧難。 兵士の気持

ちになって食べてみます。

1300a

 皮には毒があるそうですよ

 

 1320a1

蒸してから皮をむき

 塩でいただきます

 1320a

 甘さ控えめのさつまいも

 のよう。 懐かしい味です

 

腹ベトナムの「戦争の歴史」を肌で感じた一行は、それぞれの思いを胸に、クチトンネルを後にしました。

 


 

 

1330

空港に向かうバスから、ダイソーを発見!
100円ショップ、ベトナムは「何ドン」ショップなんでしょう。

 1340

郊外にウォータースライダーがありました。
プールかな。遊園地かな。


夕飯に「ベトナム・フレンチ」を楽しみます

ベトナムでフレンチ?  はい。 ベトナムはフランス統治地代もあり、フランス料理も食文化のひとつに。

1350a

まずはサラダ。キュービック
状にカットされた新鮮野菜が
トッピング。 とても可愛い

1360a

お芋のような、かぼちゃの
ような、とっても優しい
お味のスープです

1380a

こちらはスズキのソテー。
さっぱり味のソースで白身魚
の旨味が引き立ちます

1370a

メインディッシュは柔らかい
ベトナム豚。 ソースがまた
絶妙です。オイシー!

1390a

デザートはバナナクレープ。
生地がライスペーパーとは
さすがベトナムフレンチ

 

2泊3日の研修旅行 いよいよ帰国の時間です。 一行はベトナムの空港に到着しました。

1401a

ホーチミン市 タンソンニャット空港。
搭乗手続きに1時間以上もかかる混雑ぶり。
こうなったら のんびり待ちましょう(笑)

 

 1401b

市場で買ったマンゴスチンをほおばります。
マンゴスチンは1㎏(約10個)で2万ドン(約80円)!
なんと1個8円とは、安いですねぇ。

 

1430a

空港で通関手続き後、出国のフライト時間まで
ベトナム料理を楽しみます。
(やっぱりシメはフォーですよね)

 

 1440a

ビールは当然333

 

 

 

 


 

 6時間のフライトで、成田空港に到着! おかえりなさ~い(^-^)/~

1460a

 1450a

ワーク衡業のスタッフは愛妻家ぞろい。 携帯電話で、一番最初に無事の帰国を家に報告します。


今回のベトナム研修旅行では、

戦争の傷跡に触れ、その悲惨さを改めて学びました。

数々の戦いにもめげることなく、勝利を収めたベトナム人の

誇りと逞しさを感じて止みません。

町中を走るバイクの多さにも圧倒されましたが、

大混雑の中でも 道を譲り合う「ゆずりあいの精神」や、

運転中は安全を第一とする真面目な姿勢、礼儀正しい姿を垣間見ることが出来、

ベトナム国民の真摯なお人柄に心を動かされました。

 

日本人が深く共感できる何かがそこにあります。

 

今後日本もベトナムとの友好関係をさらに推し進めていくべきと

一行は思いを馳せ帰国致しました。

2012年04月29日